[整形外科]



■整形外科は1978年開設以来、外傷、骨関節疾患
  全般にわたって診療を行ってきています。
  人生80年から90年(100年?)になろうとしている
  現在、自分の脚で歩き、身の回りのことを自分で
  出来るようにしていくことを考えると、50歳、60歳
  台からの自分の体のメンテナンスが大切になって
  きます。健康寿命を延ばそうという、時代の流れ
  (政府の方針?)のなかで、脳血管障害、認知症を
  予防していくには、まず運動器の障害を防いでいく
  ことが必要であるという考えが重要視されてきて
  います。肩凝り、腰痛、脚の痛みなど、ほとんどは
  適度な運動(ストレッチ、体操、敗歩など)の
  継続で症状を緩和させていくことができると
  いわれています。しかしなかには、頚髄症、
  腰部脊柱管狭窄症といった、脊髄、神経を圧迫
  してしまう病気や、変形性股関節症、変形性膝関
  節症といった、軟骨がすり減って関節が不安定に
  なってしまう病気がかくれていることがあります。
  このような状態では、運動療法を継続しても、
  症状が改善しない、むしろ症状が悪化してしまう
  可能性もあり、早期に専門的な治療(神経の圧迫を
  取り除く手術や人工関節の手術など)を考えた
  ほうがよいこともあります。我慢して運動をして
  もよい痛みなのか、専門的な治療をしたほうが
  よい痛みなのか、是非、ご相談にいらしてくだ
  さい。
 


■整形外科の扱う疾患は交通事故や各種外傷、
  変形疾患など多岐にわたります。
  特に上肢や下肢の怪我や骨折、また年齢的な
  変化からくる変形疾患も得意とするところであり
  ます。
  具体的には膝や股関節、肘、手関節などの難
  しい骨折や外傷、変性疾患などを扱います。
  その中でも、特に膝関節の関節鏡を用いた
  手術は最近の整形外科のなかでも話題で、
  当院 にても行っています。
  また、どうしても救えないような膝や股関節に対し、
  人工関節置換術を多く行っています。
  変形性の疾患やリウマチ性の疾患において長い
  間悩んでおられる方は是非相談下さい。
  また、スポーツなどの運動障害でお困りの方も
  ご相談下さい。          



  

担当医


数枝木
9:00〜

山 本


山 本
(装具外来)


野 尻
9:00〜


太 田
9:00〜


数枝木
9:00〜





      ■山本 宗宏
       

職名 整形外科医長
出身大学 日本医科大学
卒業年 平成7年
専門 関節外科(人工関節)
認定医・指導医 日本整形外科学会専門医
日本リウマチ学会認定医



      ■数枝木 斉
       


職名 整形外科医師
専門 骨関節疾患・外傷一般
認定医・指導医 日本整形外科学会会員



      ■野尻 賢哉
       
  職名 整形外科医師



      ■太田 友彦
       
  職名 整形外科医師

このページトップに戻る

■国立病院機構本部グループ事務所ホームページ
  北海道・東北グループ関東信越グループ東海北陸グループ近畿グループ中国・四国グループ九州グループ
独立行政法人 国立病院機構 神奈川病院
〒257−8585
神奈川県秦野市落合666−1
TEL0463−81−1771 FAX0463−82−7533
地図はこちら
Copyright ©National Hospital Organization KANAGAWA HOSPITAL. All Right Reserved.